【動画付】実際にブルーベリーを植えてみよう!【露地植え編】前編




この記事を書いている人 - WRITER -


自称「ブルーベリー栽培マイスター」
PC・カメラ・バイクなどメカ的グッズが大好き。
日本酒とワインをこよなく愛する。
詳しいプロフィールはこちら

せらす

解説動画は記事後半にあります!

ブルーベリーの露地植えに挑戦してみよう!

 

今回は露地植えの解説です。

 

労力はかかりますが、今後のブルーベリーの育成を考えた場合、やはりブルーベリーは露地植えがおススメです。

特に難しい作業はありませんので是非トライしてみてください。

 

使うピートモスの量

 

以前の記事でご紹介したように露地植えのピートモスは60Lがおススメです。

今回は準備という事で苗床を作るのに50L用意してください。

 

参考:ブルーベリーの植え付け時の注意

 

今回の動画では10Lのバケツを使って5杯分のピートモスを用意しました。

 

穴を掘る

 

地面に穴を掘っていきます。

ブルーベリーの根は浅根なので深く掘る必要はありませんが、根域確保の為に面積は出来るだけ広い方が望ましいです。

 

穴は深さ20cm、直径80cm程度がおススメです。

 

穴を掘ったらピートモス50Lを投入しましょう!

 

注意

穴を掘って、その日にすぐ植えたい場合はポット栽培と同じように、穴に水を入れてピートモスをよく攪拌して水に馴染ませてください。

参考記事:【解説動画付】ポット栽培のブルーベリー用土の作り方

 

土とよく混ぜる

 

ピートモスを掘った土とよく混ぜましょう。

 

偏りがあると、根域が偏り樹形に影響します。

 

多少の塊が残っていても経験上問題ないですが、基本的に枯れるまで再度掘ることはないので、後で後悔しないようにしっかり混ぜておきましょう。

 

解説動画はこちら

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は事前の準備ということで苗床を作りました。

露地植えは最初に手間がかかりますが、しっかり準備しておけばその後の栽培管理が楽になります。

 

次回は実際に植えつけていこうと思います。

 




よかったらシェアしてくださいね!

ブルーベリー栽培がよくわかる!!
せらす果樹園 ブルーベリー栽培教室


ブルーベリーの栽培をしていて困っている事はありませんか?

せらす果樹園の園主が培った、ブルーベリー栽培の全てをお教えします!

お気軽にお問い合わせください!


詳しくはこちら

SNSの情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です