【動画付】実際にブルーベリーを植えてみよう!【露地植え編】後編




この記事を書いている人 - WRITER -


自称「ブルーベリー栽培マイスター」
PC・カメラ・バイクなどメカ的グッズが大好き。
日本酒とワインをこよなく愛する。
詳しいプロフィールはこちら

せらす

解説動画は記事後半にあります!

ブルーベリーの露地植え!

 

ブルーベリーの露地植えに挑戦してみましょう。

 

前回では植え穴の準備を解説しました。

今回は実際に植えていくときの注意などをご紹介します。

 

前回の記事はコチラ→【動画付】実際にブルーベリーを植えてみよう!【露地植え編】前編

 

苗の準備

 

今回は大関ナーセリーさんで販売されている新品種、サザンハイブッシュのケストラルを植えようと思います。

苗の準備で確認する事は3つです。

 

①タグやネームプレートが付いていたら取り外す!

タグやネームプレートが付いていたら取り外しましょう。

ただし、品種名は忘れないようにしてください!

 

②根の状態をチェック!

ポットから苗を引き抜いて根の状態を見てみましょう。

根詰まりしていたら、古い根を削いでください。

 

今回は根の状態が非常に良かったので、根をもみほぐすだけでOKでした。

 

根削ぎはこちらを参考してください→【動画付】実際にブルーベリーを植えてみよう!【ポット編】

 

③株元の不要な枝はカットする!

植える際に株元は土をかけますので埋もれてしまいます。

埋もれてしまうような枝や、将来的に不要な枝はカットしておきましょう。

 

ピートモスの準備

 

せらす果樹園ではブルーベリー1本につき60Lのピートモスを使っています。

 

前編で50L使いましたので、今回は残り10Lを使ってブルーベリーを植えていきます。

使う前にしっかりと水を含ませておいてください。

 

植え穴を掘る

 

ブルーベリーを植える穴を掘っていきます。

前回作った苗床に「苗の鉢のサイズ」+「ピートモスの分量」が入る穴を掘ります。

 

少し大きめがいいでしょう。

苗をあてがってみて、穴の深さを調整してみてください。

 

ブルーベリーを植える

 

先ほど作った100%ピートモスでブルーベリー苗を包むように植えていきます。

 

最後に、掘り出した土を使って穴を埋めていきます。

中央が凹むように整形すると水を効率よくブルーベリーに吸わせる事ができます。

 

解説動画

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

手順に沿って進めていけば難しい作業ではありません。

ブルーベリーは露地植えの方が大きく、美味しくなると思います。

 

皆様も是非トライしてみてください。

 




よかったらシェアしてくださいね!

ブルーベリー栽培がよくわかる!!
せらす果樹園 ブルーベリー栽培教室


ブルーベリーの栽培をしていて困っている事はありませんか?

せらす果樹園の園主が培った、ブルーベリー栽培の全てをお教えします!

お気軽にお問い合わせください!


詳しくはこちら

SNSの情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です