栽培面積を考える




この記事を書いている人 - WRITER -


自称「ブルーベリー栽培マイスター」
PC・カメラ・バイクなどメカ的グッズが大好き。
日本酒とワインをこよなく愛する。
詳しいプロフィールはこちら

せらす

※リライト・再編集した最新記事があります

【初心者向け】ブルーベリー購入する前に検討して欲しい事

 

植える前に他に考えるべきこと

そろそろ栽培品種を考えていきたい所ですが
もうひとつ重要な情報が必要です。

それは栽培スペースです。

ブルーベリーはポット栽培できる事から
コンパクトで省スペースで栽培できると
多くの方が考えておられます。

しかし実際は、ハーフハイブッシュや一部のサザンハイブッシュを除いて
ポット植えでも最終的には直径1~1.5mぐらいの面積が
必要だと考えておいたほうが間違いありません。

ブルーベリー苗は衝動買いしたらダメ(経験談w)

ブルーベリー苗はホムセンなどで結構簡単に手に入りますから
うっかり苗をたくさん購入してしまって、
あれよあれよという間にスペースが不足してしまい
結局、かなりの品種をリストラしてしまう。

そんなケースがたくさんあります。
(私の過去の経験ですが・・・w)

いくつかのブルーベリーブログさんでも
栽培スペースが最終的に問題になってくる場面も多く見受けられます。

ここまでブログを読んで頂いておられるなら
栽培目的も栽培形態もはっきりしておられると思いますので

・品種のコレクション目的
・土地と時間とお金が莫大にある

のようなケースで無い限りは
栽培スペースをきちんと確保して頂きたいと思います。

最終的に必要な栽培スペースとその理由

成木における栽培面積の最終的な数値ですが

露地植え
ラビットアイ 直径2~2.5m前後
ノーザンハイブッシュ 直径2m前後
サザンハイブッシュ 直径1.5~2m前後

ポット栽培
ラビットアイ 直径1.5m前後
ノーザンハイブッシュ 直径1~1.5m前後
サザンハイブッシュ 直径1m前後

程度は考えておいた方がいいです。

少し広めに感じるかもしれませんが
栽培時の管理を考えると、これより狭いのは非効率です。

特に剪定時は、しゃがんで全方向からハサミを
入れないといけませんので
樹と樹が触れ合わない間隔が必要です。

今回のキーワード

・栽培面積=成木時のサイズ+作業スペース
・苗を買いすぎないように気を付けよう!




よかったらシェアしてくださいね!

ブルーベリー栽培がよくわかる!!
せらす果樹園 ブルーベリー栽培教室


ブルーベリーの栽培をしていて困っている事はありませんか?

せらす果樹園の園主が培った、ブルーベリー栽培の全てをお教えします!

お気軽にお問い合わせください!


詳しくはこちら

SNSの情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です