ブルーベリーに肥料を与えるときに本当に考えて欲しいコト。




この記事を書いている人 - WRITER -


自称「ブルーベリー栽培マイスター」
PC・カメラ・バイクなどメカ的グッズが大好き。
日本酒とワインをこよなく愛する。
詳しいプロフィールはこちら

せらす

こんにちは、せらすです。

そろそろブルーベリーに肥料を与える時期になってきました。ですが、ブルーベリーの肥料、どのように与えていいか迷っている方はいませんか?

私もブルーベリーを栽培し始めた頃は色んな肥料に手を出しました。失敗もありましたし、成功もありました。
その結果、今の施肥体系に落ち着いたわけですが・・・。

今日はブルーベリーの肥料の与え方について書いていこうと思います。

 

せらす果樹園の肥料

せらす果樹園で使っている肥料はコチラです。

コメリの園芸資材で売られているダイナミックス10(ちなみに以前はアミノゴールドという名前で売られていました)。この肥料を開園からずっと使っています。施肥時期は3月頭に1回。基本は1本の成木に60グラム。

樹の状態や、品種ごとに若干分量を変えています。

施肥体系は農家さんによっては秘密にしておられる所もあります。しかしせらす果樹園では隠す事はしません。なぜなら施肥において、肥料の種類・分量・回数などは農園や品種、栽培環境によってまちまちで、決まっているものではないと考えているからです。

ではなぜこの肥料を使っているのか?
「手に入れやすく使いやすい」からです。

 

その肥料は本当に必要なのか

入門書には「1年目は何グラム、2年目は何グラム」とか肥料袋のウラにもそのような事が書かれています。もちろん、何の根拠もなく書かれているわけではないのですが・・・。

しかしよく考えてみてください。「自然界に存在する植物が肥料がないと育たない。」そんな事があるでしょうか?ブルーベリーだって自然界に存在する植物です。「肥料がないと育たない」なんて事はありません。

例えばチッソ成分は自然の土壌中に0.1~0.6%ほど存在すると言われています。それは食物連鎖や自然環境のサイクルの中で常に供給され、消費されているのです。つまり、露地で栽培している限りチッソが欠乏するなんてありえない(はず)のです。

チッソ欠乏症なんて出た事ありません。

では、もし露地栽培でチッソ欠乏症が発生したら?

答えは簡単、それは食物連鎖などの自然サイクルが循環していない事になります。例えば、防草シートで覆って草が生えない農園であったり、薬剤をたくさん撒いて虫や小動物が寄り付かない農園。

そういった自然と隔絶された環境になるほどチッソ欠乏症や微量成分の欠乏が発生しやすくなります。

人間にとって管理栽培しやすい農園は決してブルーベリーにとって生育しやすい環境ではありません。そういった農園であれば肥料の重要性が増していくことになります。

 

なぜ施肥基準量があるのか

農林水産省のHPにはこのように書いてあります。

施肥基準利用にあたって

平成28年12月更新

化学肥料や堆肥などの施肥は作物に栄養を供給するために不可欠ですが、過剰な施肥はコスト面でデメリットが大きいだけでなく、環境に悪影響を及ぼすことがあります。

適正な施肥を行うためには、都道府県の「施肥基準」に則した施肥を行うほか、定期的に土壌分析を行い、その結果を「土壌診断基準値」と照らし合わせてほ場の状態を把握し、ほ場に肥料成分が過剰に蓄積している場合には、「減肥基準」を参考に肥料の種類や施肥量を見直すことが重要です。

農林水産省:都道府県施肥基準等より一部抜粋 

 

要約しますと、「いい作物を育てるには、肥料は畑の状態と照らし合わせて与えて、時には減らす事も考えないといけません。」という事になります。ですから入門書や肥料袋のウラに書かれている分量を鵜呑みにしてはダメ、という事になります。

入門書や肥料袋のウラには「減肥」についてほとんど書かれていません。本も肥料も売らないと商売にならないので「減肥」について書くわけにはいかないのでしょうか?それにしても不親切です。

良いことばっかり書いてありますが・・・。

適切な肥料の量とは

まず始めにお尋ねします。全く肥料をやらずにブルーベリーを育てた事はありますか?

ほとんどの方は経験ないと思います。私は開園する前、無肥料栽培にチャレンジした事があります。もちろん、生育は緩やかに枝ぶりもこぢんまりとし、結果枝の発生も控えめになります。

ですがこれだけは断言できます。ピートモスを使ってしっかり土壌改良した場所であれば枯れることはありません。そして多くの方は「肥料を遣りすぎ」の状態に陥っています。

せらす果樹園でも色々試しました。
年3回の肥料を与えると不要なサッカーや徒長枝、狂い咲き(意図しない時期の開花)が増えます。年2回でもサッカーや徒長枝が増えます。

どちらにしても剪定の手間が増えたり、収益につながらない開花が増えます。つまりお金と労力を使って、時間と儲けを減らしている状態になるのです。

では最適な施肥量とはどれぐらいでしょうか?それは「量や回数」の問題ではありません。せらす果樹園の考えるベストな施肥量とは、「立派なシュートがシーズン中に、株元から2~3本生えてくる量」と考えています。

植えて2年目のブルーベリー。

なぜ立派なシュートが2~3本?

剪定の話と少しかぶりますが・・・。

せらす果樹園では主軸枝6~8本仕立てで栽培しています。そして4~5年サイクルで主軸枝を更新していきます。つまり「将来的に主軸枝になりそうなシュートが毎年、最低でも1本欲しい。」という事になります。

しかし、生き物相手ですので思った所にシュートが生えない事もあります。また自然災害や害獣の被害などもあります。そういった時の保険的な意味合いで2~3本としています。

2016年の害獣被害

2~3本のシュートが生える肥料の量ってどれくらい?

上記に書いたとおり、せらす果樹園では10-12-10の緩行肥料を年に1回60グラムを基本量としています。

しかしこれはあくまでせらす果樹園の場合です。最適な量はあなたが育てている畑やポットで実際に試してみるしかありません。もしヒントがあるとしたら・・・

  • ポット栽培や多雨地域など→増肥
  • 露地植えで畝構造になっている場合→増肥
  • ハウスや設備などで自然とは隔絶された状況→増肥

 

  • ラビットアイなど丈夫な品種→減肥
  • 野菜など育てていた畑で栽培する場合→減肥
  • 黒墨土など良好な土壌で栽培する場合→減肥
  • 近くに山や林があって有機物が常に補給されている場合→減肥

などでしょうか。

つまり、有機物が少ないほど、水の出入りが多くなるほど、肥料を多めにするという事です。

しかしあくまでこれは一例です。実際には微調整して、あなただけの理想の施肥体系を築きあげてください。

毎年これだけ有機物が堆積します

その他の注意事項

ブルーベリーに限らず色んな植物で、調子が悪くなったら色んな肥料を与えていませんか?しかし多くの場合、肥料とは関係がない事が原因で調子を崩しています。

そして追い討ちをかけるように肥料の嵐。これで枯れないはずありません。植物が調子を崩したときこそ、土壌バランスをニュートラルに戻す工夫をするべきです。

初心者の方が陥りやすいのですが、色んな肥料を与えてしまう事。これでは何がどのように利いたのか、もしくは悪影響を及ぼしたのか分かりません。

使う肥料は1種類だけにして、生育の維持は「量や回数」で調整するように心がけてください。慣れてくると肥料をブレンドして与えてみたくなりますが、その場合もきちんと各肥料の量をメモして「再現性がある」ブレンドをしてください。もちろんちゃんと目標・結果もメモつけてくださいね。

重視したのは使いやすさ。冒頭で紹介した肥料はペレット状で使いやすいです。

まとめ

  • 自然界にもチッソは存在している。足りない量、もしくは理想とする成長量を狙って肥料を与えるようにする。
  • 減肥も選択肢に残しておく。大きくなりすぎるラビットアイなどは減肥で省力化を狙うのもアリ。
  • よく紹介されている施肥量は眉にツバつけてみること。理想的な施肥量は色々な要因で変わってくる。
  • 調子の悪くなったブルーベリーに慌てて肥料を与えない事。
  • 肥料のブレンドは目標・結果・再現性を記録すること。気まぐれなブレンドは迷宮入りする元。

 

最後に

いかがでしたか?

肥料は、決められた量をやる理由は全くありません。何も考えずに決まった量にしてしまうと調子の良い樹は栄養不足、悪い樹はダメージを与えてしまう事になりかねません。

あなたの栽培している場所、あなたの栽培スタイルに最適な量が必ずあるはずです。型にとらわれず、最適な肥料の与え方を考えてみてください。

それでは今日はこの辺で。
バイバイ!

※2018.1.7 加筆&修正
※2018.8.8 加筆




よかったらシェアしてくださいね!

SNSの情報はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です